快適に履く

バレエシューズを履いているときに痛くないようにするためには

最近では、バレエを習う人が少しずつ増加傾向にあります。
ダイエット効果や姿勢の矯正、そして全ての踊りの基本がバレエということもあって、女の子だけに限らず男の子も習うようになってきています。
そしてバレエを踊るときに履くバレエシューズは基本的にやわらかく、全然痛くありません。
足の指が動きやすいように、甲が伸びやすいように作られています。
ですが、女の子がある程度習って履くようになるトウシューズは、履いていると足が痛くなることがあります。
特に足の指が痛くなり、肉刺ができたり、水ぶくれができることもしょっちゅうあります。
こんな状態でもトウシューズを履いて踊らなくてはならないので、痛くないように工夫することも必要です。
バレエ専用のジェルを足の指に貼ったり、絆創膏を貼ったり、トウシューズの種類を変えたり、人それぞれ痛まないような工夫をするのです。
こんな状態でも舞台上では笑顔でお客様を楽しませるのが本物のバレリーナなのです。

痛くないバレエシューズで快適歩行

バレエシューズというのは、本来はダンスのバレエを踊ったり練習をしたりするときにバレリーナが履いている専用のシューズでした。
そしてそのあと、ファッションの世界にも取り入れられて、おしゃれシューズとしてもとても人気が出て多くの女性たちに履かれるようになって、現在にいたっています。
おしゃれなシューズというだけではないというところも、バレエシューズの魅力のひとつです。
見た目のかわいらしさ、女性らしさを楽しめるだけではなくて、長時間履いて歩きつづけていても足が痛くないというところが、これだけの支持をあつめている要因になります。
ただし、バレエシューズのなかにはソールが薄いものもあるので、地面に足を着地したときにある衝撃がまともに足につたわりやすいこともあります。
そのような場合には、シューズの内側にたった一枚のインソールを敷いてみるだけで、だいぶ履き心地にも差が出てきて格段にシューズの快適さがアップします。

注目サイト

最終更新日:2016/4/20

『バレエシューズ 痛い』
最新ツイート

ちゃあぽん。
(@mind_girlish)

痛い大人だから年に何回かジェーンバーキンを気取りたくなりデニムとバレエシューズとバスケットで出かける。白シャツだといかにも過ぎるしあまり似合わないから白ティーにしたけど。 https://t.co/Aq8opLpASF

5時間前 - 2019年09月22日


poppo
(@dance_fifthline)

なにかの訓練不足で弱いから痛いから出来ない💦 とかではなく『立てる自分が見えない』で御座いまして バレエシューズでその不便を感じていない(もしかしたら先生方からは何らかの不具合が見えているのかも🙏) まぁ気にせず少しずつ進むので御座いまして なぜならば期限も義務もない世界なので🙏

12時間前 - 2019年09月22日


まゆら
(@mayuran716)

でも柔らかいバレエシューズだと足裏がぐちゃぐちゃで痛いの気になるけど、トウシューズだと痛いの当たり前って気持ちがあるので逆に気にならなくなるという不思議な現象

1日前 - 2019年09月21日


え。✩.*˚
(@nikonikoyururun)

バレエシューズで歩き回ったから足が痛い😞 自ら持ち上げようとしないと靴がついてこない。 スニーカーがやっぱり好きだわ。

3日前 - 2019年09月19日


キキ(きいたん)
(@J2Tsf3FaZxRX4dw)

@horuco 質問なんですけど、私もバレエやっていて、水ぶくれや剥けたりしてて、それが麻痺したように痛いんです。トウシューズを履いたときの痛みを抑える方法を教えてほしいのですが…

6日前 - 2019年09月15日


COPYRIGHT(C)ballet slippers houseALL RIGHT RESERVED